住宅の外壁塗装(塗り替え)について

 

戸建て住宅など一般住宅の外壁塗装(塗替え)はどのように進められるか、工程を追ってご説明します。
コンクリートやモルタル、サイディングの外壁には、下地の劣化状態に応じた適切な下地調整を行った後に、下塗り材としてシーラーを塗ります。また塗膜表面の微細なクラック(ひび割れ)を埋めて補修する微弾性型のフィラーを使用した塗装もあります。上塗りには、アクリル樹脂系・ウレタン樹脂系・シリコン樹脂系・フッ素樹脂系塗料があります。窯業系のサイディング材の塗り替えには、塗膜の劣化、水の浸透によるサイディング自体の劣化などもあり、劣化状況を確認した後に適切な処置を行う必要があります。


<塗装工事の進め方>
工程−1 足場仮設工事

      塗装工事用の足場仮設    狭い場所での足場組み    敷地にはみ出る足場組み
塗装作業がしやすいように外壁周辺に足場を仮設します。密接に隣接している家や道幅が狭い場所など作業場所や立地条件によって多少の差は生じます。平均的な住宅の場合(建坪30坪)、一日以内に設置できます。また足場の種類には単管足場、丸太足場など目的や用途など作業性に応じて、足場を選んで仮設されます。
このほか、隣接する敷地にどうしても足場を組まなければならないケースがあります。この場合、当社では、あらかじめ敷地の所有者の方の許可をいただいてから足場を組んでいます。
工程−2 飛散ネット養生シート張り
飛散ネット養生シート張り外部養生シート
足場仮設後に現場周辺に塗料が飛び散らないように養生用シートを張ります。また現場周辺の駐車中の自動車などにも専用シートをかぶせ、塗料が飛び散って付着するのを防ぎます。
工程−3 高圧洗浄
高圧洗浄塗装する前に、外壁に付着しているゴミや汚れ、カビや藻、古くなった塗膜を高圧洗浄機を使って、丁寧に洗い流します。




工程−4 下地補修
下地補修クラック処理洗浄後に、外壁面にひび割れや塗膜が浮いていたり剥がれている箇所を補修します。
また、目地部分の亀裂も補修します。目地のコーキングの状態が悪ければ、コーキングの打ち替えも行います。その際の補修工法として、ひび割れ=Vカット・コーキング補修、浮きや剥がれ=既存塗膜撤去・清掃などがあります。


工程−5 下塗
下塗りの専用シーラーで塗装十分な下地調整が終わると、下塗り塗装をします。塗装の下塗りは上塗り塗料との付着性を高める効果があります。下塗り工程が不十分だと塗膜が剥がれたり浮いたりするので、念入りな作業が行なわれます。下塗り塗料の種類として@専用シーラー、A微弾性フィラー、などがあり、下地(素材)の種類や上塗り材の種類に応じて使い分けられます。(塗装方法は吹き付け・ローラー・ハケによる塗装工法)

工程−6 上塗
上塗り塗装作業下塗りの次は上塗りを行ないます。この時、十分に下塗り塗料が乾燥した後に作業を行ないます。
乾燥時間(塗装間隔)は使用材料(水系・溶剤系など)や気温(夏場・冬場など)により差が生じます。下塗り材の乾燥が不十分なまま塗装すると密着不良を起こして塗膜の剥がれを引き起こす原因になります。
上塗り工程と同時に、鉄部や木部(樋・軒天、雨戸、手摺りなどのの部位)の塗装も行います。(塗装方法は吹き付け・ローラー・ハケによる塗装工法)
最終検査(立会の上)後、塗装工事の完工
塗装工事終了工事完工後に保証書を発行いたします。





目地処理部および鉄部塗装・高圧洗浄・雨戸塗装・足場仮設の作業写真

     目地コーキング処理前    目地コーキング処理後    高圧洗浄
     足場仮設工事    錆止め塗装    雨戸塗装
雨戸やフェンス・門扉などの鉄部塗装では、塗膜が膨れたり・サビてはがれている個所をサンドペーパーなどで除去(ケレン)した後に、上塗り塗料に適応するサビ止め塗料で塗装します。上塗りには、溶剤系等のウレタン樹脂系塗料などが使われます。破風や羽目板の木部塗装には古くなった塗膜をペーパーなどで取り除いてから、木部用の下塗り塗料を塗装します。上塗りにはウレタン樹脂系の塗料が用いられます。木製の玄関ドアなどのクリヤー仕上げでは、旧塗膜を除去してから、サンドペーパー等で表面調整をしてから、透明あるいは着色透明仕上げをします。
・工事期間(工期)は建坪30坪の場合、7〜10日で終わります。
・降雨・降雪、湿気の多い日など天候不順下での工事は原則として行いません。


     外壁塗装・屋根塗装    外壁塗装   外壁塗装

     外壁と屋根と塗装    外壁塗装・屋根塗装   外壁塗装・屋根塗装

     外壁塗装    一部外壁塗装・屋根塗装   外壁塗装・屋根塗装


【外壁の色彩 カラーサンプル例】(ND番は日本ペイント色見本、E番は日本塗装工業会色見本)
     カラーサンプルND-184    カラーサンプルND-218    カラーサンプルE39-70H
      ↑左から  ・ND184  ・ND218  ・E39-70H
     カラーサンプルND-280    カラーサンプルND-281    カラーサンプルND-401
       ↑左から ・ND-280  ・ND-281 ・ND-401
     外壁カラーE19-85D    外壁カラーE25-85F    外壁カラーE09-70H
       ↑左から ・E19-85D ・E25-85F ・E09-70H
      


外壁 色彩カラーシミュレーションについての詳細はこちら 外壁塗装工事の物件はこちらから入れます

外壁塗装や屋根塗装の工事の御見積り依頼・御相談事は何なりと遠慮なくお問い合わせください

担当の宇治田(二級建築施工管理技士)です。いま、外壁塗装や屋根塗装、防水工事(塗り替え)をお考えでしたら、下記まで、お気軽にお問い合わせください。外壁と屋根の遮断熱塗装も行っております。また、工事や価格など塗装一般に関するご相談も電話やメールで承っております。この他、リフォーム全般の御相談事についてもお応え致します。何なりとお問い合わせください。もちろん、外壁塗装や屋根塗装、鉄部塗装等の塗装工事の御見積りだけでも結構です。塗装工事全般のご質問等も承っております。お見積り後の強引な営業は一切ありませんので、お気軽にお問い合わせください。


      

SUB MENU

遮断熱塗装「キルコート」

当店は、夏涼しく冬は暖かい外壁と屋根用の遮断熱塗装「キルコート」施工店です。 ・夏場は表面温度・室内温度を下げ、クーラー効率を改善します。 ・冬場には室内の熱を逃がさない断熱効果があり、1年間を通して快適な住空間づくりを実現します。 ・省エネ・節電効果があるキルコート塗装は注目され、大阪や奈良、京都など近畿圏でも外壁や屋根の塗装需要が伸びています。 

毎年11月16日は
「いいいろ、塗装の日」

平成10年に日本塗装工業会が塗装業界のイメージアップと塗装の普及発展を目的に制定。当日は、塗料や塗装のイベントが開催されています。

1973年創業の塗装専門店

  
外壁塗装の専門店 株式会社エノモト
〒580-0031大阪府松原市天美北2-14-1
外壁塗装や屋根塗装のお見積り依頼は‐
電話:0120-142-931 FAX:072-330-2004 e-mail: info@re-paint.jp